負けないためには、どのFX業者を選択するようにするのかと言うのが大切になります。

選ぶ方法を間違ってしまうと、予想外の損失を生む可能性がありますから、注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)してくださいね。

FX(証拠金を担保として、証拠金以上の額の取引が可能になるのが魅力だといわれています)業者を選ぶ際のポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)は、以下の通りになります。

・取引手数料が無料、または安い
・スプレッド(通貨によっても違いますし、業者によっても違います)が狭い
・使い勝手がいい
・情報が満載
・取引通貨が多い
・取引単位が小さい

取引手数料は、FX(1998年の外国為替及び外国貿易法の改正などがきっかけでブームとなりました)業者によっても異なるはずです。

出来る限り、料金のかからない業者や安い業者を使うようにされて下さい。

スプレッドは狭い方が反対売買が有利なので、狭さで選ぶと言うのも必要になります。

使い勝手がいいのかどうかも、FX(外国為替証拠金取引、通貨証拠金取引、外国為替保証金取引とも呼ねれています)業者を選ぶ場合に大切になってきます。

チャート(テクニカル分析をする際には欠かせません)が使いやすいか、操作性に優れているのかなどをチェックなさってください。

情報が多ければ多いほど取引に役立てる事ができるため、最新の情報を常に配信してしまってはころを選ぶようにしてください。

取引通貨が多いと言うのもチェックポイントなのですし、取引単位が小さい方がリスクが少なくなって負けづらいです・青汁サラダプラス